FOLLOW US

インテル、サンプドリアの新星FWイカルディを20億円で獲得か

サンプドリアでゴールを量産している新鋭イカルディ

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルが、サンプドリアのアルゼンチン人FWマウロ・イカルディの獲得で合意に近づいていると、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 同紙は、イカルディ獲得にインテルが移籍金1600万ユーロ(約20億円)と出来高ボーナスを用意している模様だと伝えている。また、アルゼンチンとイタリアの二重国籍を有するDFマティアス・シルベストレを取引に織り交ぜることによって、移籍金を下げることを検討しているとも報じている。

 19日に20歳となるイカルディは、2011年にバルセロナの下部組織からサンプドリアの下部組織へ移籍。2012年5月にトップチームデビューを果たす。今シーズン開幕後は、途中出場が多かったが、昨年11月18日に行われたセリエA第13節、ジェノアとの“ジェノバ・ダービー”で初先発すると、1ゴールを決め、以降先発でリーグ戦全試合に出場し、チームトップの8得点を挙げている。

 イカルディは、インテル以外にナポリやユヴェントスが移籍先として噂されていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA