2013.02.11

5試合ぶりの勝利に指揮官「インテルは死んでなんかいない」

ストラマッチョーニ
インテルを指揮するストラマッチョーニ監督

 セリエA第24節が10日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはキエーヴォと対戦し、3-1で勝利した。インテルのアンドレア・ストラマッチョーニ監督は試合後「インテルにふさわしい試合をやってみせた」とチームを評価した。クラブ公式HPが紹介している。なお、長友は先発し、フル出場した。

「インテルは死んでなんかいないということを立証できたね。インテルらしさが出た。我々は団結したグループで、一丸となったチームなんだ。今夜はインテルに相応しい試合をやってみせた」

「前半はセットプレーの場面で集中が足りなくて2回くらい不注意があったが、後半はしっかりと集中して臨んだので、特に危ない場面はなかった」

「前線の選手が揃えば凄まじいクオリティーを誇るのは、すでにわかっていたことだ。彼らはチームのために献身してくれた。何よりも大事なのはチームとして機能することだからね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る