2013.02.04

伊紙がインテル長友を酷評「1本の正確なクロスさえ放てなかった」

空中戦で相手と競り合う長友(左) [写真]=Getty Images

 セリエA第23節が3日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはアウェーでシエナと対戦。1-3と敗れて、今シーズンの7敗目を喫した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では、出場各選手のプレーを採点。フル出場した長友には、「4.5」と厳しい評価を下した。

 同紙では長友のプレーについて、「1本の正確なクロスさえも放つことすら、もはやできず、偶然のクロスを放つことさえもない。サイドを駆け上がるまでは良いが、放たれたクロスは目を覆いたくなるようにサイドを割っていった」と酷評。チーム最低点となった元ルーマニア代表DFクリスティアン・キヴとイタリア代表MFエセキエル・スケロットの「4」に次ぐ、低評価を受けた。

 なお、インテルでの最高点は後半から出場したクロアチア人MFマテオ・コヴァチッチの「6」。両チーム通じては、シエナの2点目を決めたイタリア人MFアレッシオ・セストゥの「7.5」だった。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る