2013.01.28

ミラン、バロテッリの移籍金引下げ画策か…ボアテングをマンCへ?

ミラン移籍が連日報じられるバロテッリ(左)

 マンチェスター・Cのイタリア代表FWマリオ・バロテッリのミラン移籍が少しずつ近づいていると、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 バロテッリの移籍を当初否定していたミランだったが、最近になり移籍金の額が合意に近づいていると報じられている。ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、「99.9パーセント移籍はない」とコメントしていたが、クラブ公式チャンネルのインタビューで、「まだ99.9パーセントか?いや、今は99.5パーセントだ」と、わずかながら獲得の可能性が高まったことを示唆している。

 また、イタリアメディア『Rai』は、バロテッリ獲得のための移籍金を引き下げるため、元ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングを取引に含めると報じている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る