2013.01.21

インテルのサネッティとキヴ「引き分けはもっともな結果だ」

 セリエA第21節が20日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはローマと対戦し1−1で引き分けた。試合後、インテルのアルゼンチン代表DFハビエル・サネッティとルーマニア代表MFクリスティアン・キヴは「引き分けはもっともな結果だ」と語った。クラブ公式HPが紹介している。

 サネッティは「白熱した試合だったね。試合の内容からして、ドローはもっともな結果だと思う。ローマはホームでいつも良い結果を出しているし、僕らにとって決して簡単な試合ではなかったんだ。 どうにか勝つようにしたけど、引き分けが公平だった」と語り、水曜日に再びローマとコッパ・イタリア準決勝で戦うことについては「今日とは違う試合になるだろう」とコメントしている。

 また、キヴも「試合の展開からして、ドローは公平な結果だ」と語り、「特に前半に苦戦を強いられて、結構危ない場面が多かった。でも最後には、カウンターを武器とするチームに立ち向かえていた。後半、4バックになって少しは楽になれたよ」と試合内容を振り返った。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング