FOLLOW US

首位ユーヴェが4ゴールの圧勝でドローの2位ラツィオと勝ち点5差

 セリエA第21節が、19日に各地で行われた。

 首位のユヴェントスはホームにウディネーゼを迎えて対戦。アンドレア・ピルロを負傷で欠く布陣だったが、前半終了間際の41分にポール・ポグバが先制点を奪う。前半を1点リードで折り返すと、66分に再びポグバが加点。リードを広げると、72分にミルコ・ヴチニッチ、80分には途中出場していたアレッサンドロ・マトリがそれぞれゴールを挙げた。

 ユヴェントスは、大量4得点に加え、守備陣も完封したことで4-0と完勝。リーグ戦3試合ぶりの勝利で勝ち点を48まで伸ばして首位を維持した。

 19日に行われたもう1試合であるパレルモと2位のラツィオの一戦では、アウェーのラツィオが10分にセルジョ・フロッカリのゴールで先制。しかし、ホームのパレルモが1点ビハインドの後半、70分にエヒディオ・アレバロ・リオス、71分にパウロ・ディバラと立て続けにゴールを奪い逆転に成功した。

 試合をひっくり返されたラツィオは、84分にエルナネスのPKで同点に追いつくが、勝ち越せず、2-2の引き分けに終わった。

 この結果、ラツィオは勝ち点43で暫定2位となったが、ユヴェントスとの勝ち点差は5に広がった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO