2013.01.04

ミランと4部チームとの練習試合が人種差別コールで中止に

アッレグリ
人種差別は絶対にあってはならないことと語ったアッレグリ監督

 ミランと4部のプロ・パトリアの練習試合が3日に行われたが、人種差別コールのため試合途中で中止となった。『スカイスポーツ』が報じている。

 試合はミランの黒人選手に対し、プロ・パトリアの一部のサポーターから人種差別コールが浴びせられると、ミランに所属するガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングが激怒。その後、ミランの選手は試合を続行しないことを決断した。

 主将の元イタリア代表MFマッシモ・アンブロジーニは「練習試合とはいえ、このような状況が容認されることはできない。このような雰囲気の中で試合を続けることは不可能だ。試合を中止すことで、差別に対しシグナルを発することが必要だった」と語った。

 また、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は「この出来事によって我々は失望と悲しみに包まれた。このようなことは絶対にあってはならない。美しいスポーツを見に来場したファンには申し訳なく思う。また、プロ・パトリアのクラブ関係者や選手にも申し訳なく思うとともに、この場に戻ることを約束したい。我々はほかの決定を下すことはできなかったんだ」と語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る