FOLLOW US

首位ユーヴェが試合終盤の逆転劇で4連勝…2位インテルと暫定勝ち点差10

 セリエA第18節が21日に行われ、カリアリとユヴェントスが対戦した。

 首位のユヴェントスはアウェー戦に臨んだが、16分に失点。アルトゥーロ・ビダルの与えたPKをマウリシオ・ピニージャに決められて先手を許した。

 1点ビハインドを負ったユヴェントスは、後半に反撃を見せる。65分にカリアリのダヴィデ・アストーリが2枚目の警告を受けて退場処分となり数的有利に立つと、72分にはセバスティアン・ジョヴィンコがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得した。しかし、ビダルのキックは枠を外れて得点とはならなかった。

 大きなチャンスを逃したユヴェントスだが、直後の75分にアレッサンドロ・マトリが途中出場していたミルコ・ヴチニッチのシュートのこぼれ球を押し込んで、ついに同点ゴールを挙げた。

 同点後は、ともに勝ち越し点を奪えずに時間が経過したが、試合終盤に再びスコアが動く。後半ロスタイムにマトリがこぼれ球から逆転ゴールを決めると、直後にもヴチニッチがジョヴィンコのクロスから得点した。

 試合終盤の逆転劇で3-1と快勝したユヴェントスは、リーグ戦4連勝を記録。勝ち点を44まで伸ばして、暫定ながら2位のインテルとの差を10に広げた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA