FOLLOW US

ナポリが八百長問題で勝ち点2剥奪…P・カンナヴァーロらは長期出場停止

 FIGC(イタリアサッカー連盟)は18日、ナポリに勝ち点2の剥奪と罰金7万ユーロ(約770万円)、所属するキャプテンのイタリア人DFパオロ・カンナヴァーロとイタリア人DFジャンルカ・グラーヴァに6カ月の出場停止処分を科すると発表した。

 処分は、2010年5月に行われたセリエA最終節のサンプドリア戦で、2選手が当時ナポリに所属していたイタリア人GKマッテオ・ジャネッロに八百長を持ちかけられたことが発端。2選手は八百長を拒否したが、報告義務を怠ったことで処分の対象となった。なお、試合はサンプドリアが1-0で勝利。4位に入り、チャンピオンズリーグの予備予選出場権を獲得していた。

 また、現在はアマチュアクラブでプレーするジャネッロには、3年3カ月の出場停止処分が科せられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA