FOLLOW US

マテラッツィ氏がベニテス監督を攻撃「俺たちは監督抜きでクラブW杯を制覇した」

 イタリア代表やインテルなどで活躍したマルコ・マテラッツィ氏が、クラブワールドカップ決勝でチェルシーが勝てなかったのはラファエル・ベニテス監督の責任だと、自身のツイッターで厳しく批判し話題を呼んでいる。スペイン紙『マルカ』が報じた。

 マテラッツィ氏は、「俺は以前も言っただろう。インテルでクラブワールドカップを獲得した時、俺たちは監督抜きでタイトルを制覇したんだ」とツイッターでつぶやいた。マテラッツィ氏は、つい先月にもイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応えて、ベニテス監督批判をしたばかりだったため、今回のツイッターの発言にも注目が集まった。マテラッツィ氏がインテルに所属していた際、退団するジョゼ・モウリーニョ監督(現レアル・マドリード監督)と抱き合い涙する映像が最近インターネットで見られるようになったが、これについてマテラッツィ氏が「モウリーニョからインテルを去ると伝えられた時に俺は言ったんだ。“ちきしょう、ベニテスを俺らにおしつけていくのかよ”って」とコメントし、その件がスペインで大きく取り上げられたばかりだった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO