2012.12.16

インテルがラツィオとの上位対決に敗れて今季5敗目…長友はフル出場

伊紙は長友のプレーに高評価

 セリエA第17節が15日に行われ、4位のラツィオと日本代表DF長友佑都の所属する2位のインテルが対戦。長友は右サイドバックで先発出場した。

 アウェー戦に臨んだインテルは、序盤からホームのラツィオに攻勢を許しながらも、体を張った守備もあり無失点で前半を切り抜けた。

 インテルは後半に入ると、長友を左サイドのMFに移すなどポジションを変更。60分にはロドリゴ・パラシオを投入して前線を厚くすると、67分にはフレディ・グアリンがポスト直撃のシュートを放つなど、徐々に盛り返しを見せる。

 72分には、長友のパスを受けたアントニオ・カッサーノがシュートをポストに当てると、長友がこぼれ球を狙ったが、得点ならず。直後にもパラシオが際どいミドルシュートを放つが、わずかに枠を外れて先制点とはならなかった。

 インテルは攻め込みながらも得点できずにいると、82分にラツィオのミロスラフ・クローゼに右足のダイレクトシュートを沈められ、終盤に先制点を許してしまう。

 ビハインドを負った後は、同点に追いつけないままタイムアップを迎えて、0-1と完封負け。3試合ぶりの黒星で、今シーズン5敗目を喫した。なお、長友はフル出場している。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る