FOLLOW US

5戦ぶり途中出場の長友に伊紙が及第点の評価「チームに活気を与えた」

サネッティとの交代でピッチに入る長友

 セリエA第15節が2日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとパレルモが対戦。インテルがホームで1-0と勝利を収めた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では、出場した各選手のプレーを採点した。64分から投入された長友には、「6」と及第点を与え、「前半を終えて(アルバロ)ぺレイラに代わって入ると期待されたが、(ハビエル)サネッティと交代して入り、チームに活気を与えた」と、リーグ戦では5試合ぶりの途中出場にも一定の評価を下した。

 なお、チーム最高点は74分にクロスボールから相手のオウンゴールを誘発したイタリア代表DFアンドレア・ラノッキアの「7」で、最低点はブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの「4.5」となっている。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO