2012.12.01

元ブラジル代表主将ルシオ、長谷部所属のヴォルフス移籍か「重要な選択肢」

ルシオは、2010年の南アフリカ・ワールドカップでも主将を務めた

 ユヴェントスに所属する元ブラジル代表のキャプテンであるDFルシオが、日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクへ移籍する可能性が浮上した。ドイツ紙『ビルト』が報じている。

 ルシオは、「ユヴェントスでプレーできていないので、幸せではない」と現状についてコメント。ドイツ移籍を「重要な選択肢だね」と語った上で、ヴォルフスブルクの印象を続けた。

「ドイツは非常に良く組織された国でサッカーもとても魅力的で、リーグは活況を呈している。ヴォルフスブルクは将来的にビッグクラブになるだろうね。良く経営されているクラブで、私にとっての選択肢になるよ」

 ルシオは今シーズン、インテルからユヴェントスに加入したが、リーグ戦では第14節を終え、1試合の出場にとどまっている。なお、ドイツでは2000-2001シーズン途中から2008-2009シーズンまで、レヴァークーゼンとバイエルンでプレーした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る