FOLLOW US

伊紙が採点発表…インテル長友には「常にゲームで存在感を示したとは言えない」

パルマ戦にフル出場した長友

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、26日に行われたセリエA第14節の採点を発表した。

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でパルマと対戦したが、0-1で敗れた。同紙は長友に対し「5.5」を与え、「ナガトモの攻撃参加は、アレアンドロ・ロージにとって煩わしいハエのようなものとなった。だがパルマの攻撃もナガトモのサイドから仕掛けられた。常にゲームで存在感を示したとは言えない」と寸評している。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA