FOLLOW US

オーバーヘッドでスーパーゴールのメクセス「イブラは怪物。僕はやってみただけ」

スーパーゴールを振り返ったメクセス

 チャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節が21日に行われ、ミランは敵地でアンデルレヒトと対戦し、3-1で勝利。決勝トーナメント進出を決めた。

 試合の決勝点となるミランの2点目はフランス代表DFフィリップ・メクセスがイタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォのFKをゴールを背に胸トラップをして、ゴール中央やや右側のペナルティエリアライン上付近からオーバーヘッドで決めるスーパーゴールだった。

 試合後メクセスはイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応え、「何も考えてはいなかったんだ。やってみたらうまくいった。少しラッキーだったことは認める。イブラは“フェノーメノ”(怪物)だ。僕はただやってみたに過ぎないよ」とコメントし、14日の国際親善試合でメクセスと同様にオーバーヘッドでスーパーゴールを決めたパリSGのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチに触れつつ、得点シーン振り返った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO