2012.11.19

伊紙は長友に高評価「ミリートが外さなければ称賛していた」

長友佑都
伊紙から高評価を受けた長友

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が18日に行われたセリエA第13節の採点を発表した。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはカリアリと対戦し、2-2の引き分けに終わった。

 同紙は、長友に「6.5」と及第点以上の評価を与え、「継続してサイドを攻め続けた。もし(ディエゴ)ミリートがナガトモの絶妙なクロスを外していなければ、この場でナガトモのアシストを称賛していただろう」と長友のプレーを評価している。

 なお、チーム最高点はスロヴェニア代表GKサミル・ハンダノヴィッチの「7.5」、最低点はアルゼンチン代表FWディエゴ・ミリートの「4.5」となった。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
レヴァークーゼン
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る