2012.11.19

長友が先制点を演出したインテル、ホームでカリアリと打ち合いドロー

フル出場した長友は、先制点を演出した 

 セリエA第13節が18日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとカリアリが対戦した。

 長友が左サイドMFで先発出場したインテルは、ホーム戦に臨むと、10分に先制点を奪う。左サイドで長友からアントニオ・カッサーノに繋ぎ、カッサーノのクロスをゴール前に走り込んだロドリゴ・パラシオがヘディングシュートでゴールネットを揺らした。

 ホームで幸先良く先制したインテルは得点後、度々ピンチに陥るが、GKサミル・ハンダノヴィッチの好セーブで失点を許さずにいた。しかし、43分に右サイドからクロスを上げられると、走り込んだマルコ・サウに滑り込みながらシュートを決められ、前半終了間際に試合を振り出しに戻されてしまった。

 追いつかれたインテルは、後半に入ると攻勢を強めると、54分には長友が決定機を演出した。左サイドを駆け上がった長友が中央に絶好のクロスを送るが、ゴール前でディエゴ・ミリートがフリーでのシュートをゴール上に外してしまう。59分にも長友のパスを受けたミリートが強烈なミドルシュートを放つが、相手GKの好セーブに遭い、得点はならなかった。

 勝ち越せずいると、66分にはカウンターから一気に攻め込まれると、サウに再びゴールを割られ、逆転を許してしまう。

 しかし、得点できずにいたインテルも82分に同点に追いつく。直前に途中出場していたリカルド・アルバレスのクロスボールに対して、カリアリDFがオウンゴール。スコアをイーブンに戻した。

 インテルは同点後、勝ち越しを狙い幾度かチャンスを作り出したが、得点ならず。2-2のドローに終わった。なお、長友はフル出場した。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る