2012.11.12

今季初のアウェー敗戦にサネッティ「アンラッキーというのは言い訳になる」

 セリエA第12節が11日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはアウェーでアタランタと対戦。長友は左サイドバックで先発出場した。公式戦10連勝中のインテルだが9分に失点。56分にコロンビア代表MFフレディ・グアリンの得点で一度は追いつくも、その後にさらに2失点を喫し万事休す。84分にアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオの得点で1点差に詰め寄る粘りを見せたが、3−2で敗戦した。

 今季初のアウェーでの敗戦となり、公式戦の連勝がストップしたことについて、アルゼンチン代表DFハビエル・サネッティがコメント。クラブ公式HPが紹介している。

「とにかく、白熱した激戦になった。チャンスはたくさんあって、両チームのキーパーがナイスセーブをたくさん見せて、さらにいくつものゴールが生まれたんだ。 『アンラッキーだった』というのは、ある種の言い訳になると思う。僕はそういう考え方を普段からしない。両チームとも勝利を手にするポテンシャルがあって、結局こういう展開になったんだ。敗戦を素直に受け入れるしかないね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る