2012.11.12

インテルの公式戦連勝が10でストップ…アタランタに敗れ、今季敵地で初黒星

長友はフル出場したが、インテルはリーグ戦第4節以来の黒星となった

 セリエA第12節が11日に行われ、アタランタと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。長友は左サイドバックで先発出場した。

 公式戦10連勝のインテルは、アウェー戦に臨むと9分に失点。右サイドからクロスを上げられると、ジャコモ・ボナヴェントゥーラにヘディングを叩きつけられ、ゴールを割られてしまう。

 敵地で先行されたが、21分にはチャンスが到来。CKをマティアス・シルベストレが頭で繋ぎ、ロドリゴ・パラシオがヘディングでゴールを狙うが、GKの好セーブに遭い得点とはならなかった。

 追いかけるインテルは、34分にアタランタのヘルマン・デニスにゴール前でフリーのシュートを打たれる。しかし、デニスの右足シュートは枠の上に外れ、2失点目は免れた。40分には中央でのパス回しからアントニオ・カッサーノの浮き球からパラシオが再びヘディングシュートを放ったが、またもGKに防がれて前半を1点ビハインドで折り返してしまう。

 後半に入ると、47分にフレディ・グアリンがポスト直撃のミドルシュートを放つなど攻勢を強めると、56分に同点ゴールを奪取。ゴール前でのFKでグアリンが弾丸シュートを直接突き刺した。

 しかし、追いついた後の61分に再び失点。左サイドを抜け出したマクシミリアーノ・モラレスの折り返しをゴール前のデニスに蹴り込まれて、勝ち越されてしまう。66分にも、シルベストレがモラレスをペナルティエリア内で倒してPKを献上すると、デニスにシュートを決められ、リードを広げられてしまう。

 2点のビハインドを負ったインテルは、84分にパラシオが得点したが2-3で敗戦。公式戦の連勝は10でストップして、今シーズンのアウェー戦での初黒星となった。なお、長友はフル出場している。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る