2012.11.11

後半途中投入の森本に伊紙は厳しい評価「試合の流れに1度も入らなかった」

 セリエA第12節が10日に行われ、日本代表FW森本貴幸の所属するカターニアは敵地でカリアリと対戦し、0-0のスコアレスドローに終わった。森本はベンチスタートだったが66分から投入され、今シーズン最長時間の出場となった。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、試合の採点を発表し、森本にはチーム最低となる「5」がつけられた。同紙は、「たくさん走ったが、試合の流れに入ることは一度もなかった」と厳しく寸評している。

 なおチームの最高点はアルゼンチン代表GKマリアーノ・アンドゥハルについた「7」となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る