2012.11.01

サンプドリア戦をインテル指揮官が振り返る「今シーズン一番のパフォーマンス」

 セリエA第10節が10月31日に行われ、日本代表DF長友佑都が途中出場したインテルが、ホームでサンプドリアと対戦し3-2で勝利を収めた。インテル公式HPは試合後のアンドレア・ストラマッチョーニ監督のコメントを掲載している。

 「我々は確実に成長している。今夜のゲームは、クオリティの面で今シーズン一番の出来だった」とチームを称賛したうえで、「特に後半は完璧だった。ハングリー精神が感じられ、気が緩む場面は一瞬たりともなかった」と長友が途中出場した後半を取り上げた。

 11月3日にユヴェントスとの頂上決戦を迎えるにも関わらず、ほぼベストメンバーで臨んだ理由については「もし、ローテーションをしてしまったら、選手たちに間違ったメッセージを与えてしまうと思った。サンプドリア戦はベストメンバーで臨むことが重要だと考えた」とこの日の布陣が監督にとってベストチョイスであることを明かした。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る