2012.10.31

アッレグリ監督、2点のビハインドを追いつき「勝つチャンスもあった」

アッレグリ監督がパレルモと引き分けた試合を振り返っている

 セリエA第10節が30日に行われ、ミランは敵地に乗り込みパレルモ対戦した。パレルモに先行を許したミランだが、後半に2点を返し、2-2の引き分けで試合を終えている。試合後、ミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が以下のように語っている。クラブの公式HPが伝えた。

「追いつけたことは良かったし、勝てるチャンスもあった。47分で0-2になった段階ではこの結果は期待していなかったよ。相手の2点目をきっかけに後半は良くなっていったね」

「ステファン・エル・シャーラウィのフィジカルは万全じゃなかったし、(後半開始から投入した)ウルビー・エマヌエルソンもできれば休ませたかった。それが3バック導入を決心した理由でもあるんだ。選手たちは非常に素早く、正確に、要求していることを理解してくれている。3日ごとにある試合で同じ選手を使い続けることはできないんだ」

「リッカルド・モントリーヴォ、エル・シャーラウィ、ボージャン・クルキッチ、エマヌエルソン、彼らはピッチで高いクオリティを示してくれる。しかし、3日ごとにプレーするならメンバーの変更が必要だ。勝てなかったことについては、選手に申し訳なく思う。だが、今日の引き分けは許される結果だよ」

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る