2012.10.26

マラガにも敗れ窮地のミラン、アッレグリ監督「辞任はない」

辞任はないとしたアッレグリ

 セリエA、チャンピオンズリーグともに厳しい戦いが続いているミランだが、監督のマッシミリアーノ・アッレグリは今後もミランを率いる意向を示唆した。『スカイスポーツ』が報じている。

  24日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節、アウェーでのマラガ戦に1-0で敗れたミランは、リーグでも首位のユヴェントスと15ポイント差の15位に沈んでいる。現在の状況をうけて監督の進退問題も問われているが、マラガ戦後にコメントを残したアッレグリ監督は、辞任の意思がないことを示した。

 「辞任する?ノーだ。私の性格からしてね。チームは戻って来ると信じているよ。マラガ戦では、残念なことに失点した後、集中力を欠いてしまった。それに後半はボールを失いすぎたね。今は27日に行われるジェノア戦に集中しているよ」

  また、キャプテンの元イタリア代表MFマッシモ・アンブロジーニもチームが復調することを信じているようだ。

 「チームには結果が必要だ。情熱と自信が結果をもたらしてくれると思う。ジェノア戦はミスを犯すことができない。今の難しい状況を抜け出せば、僕たちはまた強さを取り戻すと思う。チーム全員でこの状況から抜け出したいと思っている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る