FOLLOW US

シーズン終了後の辞任を示唆するナポリ指揮官「本当に辞めてしまいたいと思った」

 ナポリを率いるワルテル・マッツァーリ監督が今シーズン終了後の辞任を示唆するコメントを残した。『ESPN』が報じている。

  2013年6月でナポリとの契約が切れるマッツァーリ監督だが、契約を延長する意思はないようだ。

 「毎日をサッカー界で過ごしているが、時々“もうやめよう”と思うようなことを見たり、聞いたりするんだ。北京で行われたスーパーカップでユヴェントスに負けた時は本当に辞めてしまいたいと思ったよ。今シーズン終了まで監督を続けられるかって?それは可能だよ」

  さらに2006年、カルチョスキャンダルの影響で勝ち点がマイナスポイントからのスタートとなったレッジーナを残留に導いた当時を思い出し、「タイトルを獲得するより価値のあることだった」とコメントしている。

 「伝統的に勝ち続けなければならないチームが存在していることも私は理解している。けれど私にとっては勝ち続けことより、意味のあることも存在するんだ。大きなペナルティーポイントを背負ったレッジーナを救ったことは、タイトルを獲得するよりも価値のあることだった」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA