2012.10.18

ドイツ代表FWクローゼがフェアプレー賞を受賞「僕らは若者の模範となるべき」

 ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが16日、ドイツサッカー連盟からフェアプレー賞を受賞したようだ。フランス紙『レキップ』が伝えている。

 クローゼは、9月末に行われたナポリとのリーグ戦の試合中にゴールを決めたものの、自ら手を使って得点したことを審判に告白し、ゴールが取り消されていた。 
 
 クローゼは「ボールに手が触れたかどうか、審判から尋ねられた。自分にできる最低限のこととして、正直に告白したんだ」としたうえで、「多くの若者たちがテレビを見ている。彼らにとって自分たちは模範にならなければいけない」と、サッカー選手が与える影響力の高さを強調した。 
 
 クローゼはこの賞を2005年にも受賞している。当時ブレーメンでプレーしていた彼は、PKを与えられたが、ファールを受けていないと審判へ申告し、PKの判定が取り消されていた。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る