2012.10.09

ミランのDFボネーラ「長友の退場はなかった。主審は試合を掌握できていなかった」

ミラン戦でプロ初の退場を経験したDF長友佑都

 セリエA第7節が7日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはミランとの“ミラノ・ダービー”に臨んだ。試合は1‐0でインテルが勝利した。敗れたミランの元イタリア代表DFダニエレ・ボネーラは、48分にハンドで2枚目のイエローカードを受けた長友の退場処分に言及。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 ボネーラは、「ナガトモの退場については、なかったと言いたい。自分には、主審が試合をすでに掌握できていなかったように思えた」と言明。長友の退場に異議を唱えている。

 また失点の場面を振り返り、「(ワルテル)サムエルには(マッティア)デ・シリオがつかなければならなかった。セットプレーの対策では、マンマークやゾーンと、本当にすべてを試した。開始4分で失点してしまったが、失点以外のCKはトータルで見て、上手く対応できた」と説明している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング