2012.10.09

バロテッリの招集を悩んだプランデッリ「代表戦前に手術を決めて傷心した」

FWバロテッリは指揮官の期待に応えられるのか

 イタリア代表のチェーザレ・プランデッリ監督は、次の2つのワールドカップ予選グループリーグ、アルメニア戦とデンマーク戦に向かうにあたり、FWマリオ・バロテッリの招集を取り下げる考えがあった。イギリス紙『サン』が報じている。

 マンチェスター・Cに所属するバロテッリは、前回のインターナショナルマッチウィークの際には目のレーザー手術を受けたため、招集が見送られていた。

 それについてプランデッリ監督は「正直に言うと、バロテッリが代表での試合がある2週間前に手術を受けることを決めたとき、傷心した。我々は今、彼が本当にチャンピオンになりたいのか、知る必要がある」とコメント。

 さらに、「私には彼を招集しないという考えもあった。しかし、私はバロテッリがこれまで母国のためにプレーした試合について思い巡らせたんだ。そして、それに慰められた」と話し、自身の考えを明かしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る