FOLLOW US

長友佑都が退場するもインテルが“ミラノ・ダービー”で完封勝利

先発出場したが、後半早々に退場処分となった長友(右)

 セリエA第7節が7日に行われ、ミランとインテルが対戦する“ミラノ・ダービー”が開催された。インテルの日本代表DF長友佑都は、先発出場した。

 長友が右サイドのMFで先発したインテルは、開始早々の4分に先制点を奪う。エステバン・カンビアッソのFKをワルテル・サムエルがヘディングで合わせ、ミランゴールを破った。

 幸先良く先手を奪ったインテルは、その後ミランに押し込まれて劣勢となるが、前半は1点リードのままで折り返した。しかし、後半開始直後の48分に長友が2枚目のイエローカードを受けて退場処分となり、数的不利となってしまう。

 インテルは、長友の退場後もミランに圧倒的にボールを保持されるが、GKサミール・ハンダノヴィッチを中心に守り切り、1-0で完封勝利。ライバルを下して、リーグ戦3連勝を飾った。一方、ミランは4敗目を喫している。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO