FOLLOW US

インテルのDFキヴが手術、1カ月の戦線離脱か

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルの元ルーマニア代表DFクリスティアン・キヴが、右足人差し指を手術したため、復帰まで約1カ月を要するようだ。インテルのアンドレア・ストラマッチョーニ監督が記者会見で明らかにした。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 ストラマッチョーニ監督は、「リハビリのために簡単な手術をした。正確な離脱期間はわからないけど、1カ月はかかるだろう。選手が101パーセントの状態になって戻ってくることを待っている。大丈夫だという確信がほしいからね。どの選手もクラブの財産だし、代役も信頼している」とコメントし、キヴの1カ月離脱を明かした。

 キヴは8月2日に行われたヨーロッパリーグ予選のハイデュク・スプリト戦でつま先を負傷。その後復帰に近づき、9月26日のキエーヴォ戦で招集メンバー入りしたが、再度戦線を離脱していた。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO