2012.10.06

ユヴェントス、コンテ監督の処分が大幅軽減…12月からベンチ入りへ

ベンチ入り禁止期間が大幅に軽減され、12月からベンチ入りが可能となったコンテ監督

 イタリア・オリンピック委員会(CONI)は5日、10カ月のベンチ入り禁止処分を受けていたユヴェントスのアントニオ・コンテ監督の処分を4カ月まで軽減すると発表した。

  コンテ監督はセリエBのシエナ監督時代、八百長が行われていることを知りながらも告発を怠ったため、イタリアサッカー連盟(FIGC)から10カ月のベンチ入り禁止処分を言い渡されていた。しかし今回スポーツ仲裁裁判所が処分の軽減を決め、ベンチ入り禁止期間が4カ月まで軽減された。これによってコンテ監督は12月9日のパレルモ戦からベンチ入りすることが可能になった。

  この判決を受け、ユヴェントスの会長アンドレア・アニェッリ氏がクラブの公式HPにコメントを残している。

 「私を含め、ユヴェントスにいる全員は彼が無実だということを信じていた。私たちは彼がユヴェントスに帰って来るのを待っている。ここでは彼の能力を証明することができるし、彼はチームのために全力で貢献してくれるからだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る