FOLLOW US

ミランの不協和音は続く…アッレグリ監督とインザーギ監督が口論

 ミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督と昨シーズン限りで現役を引退し、現在ミラン下部組織の指揮官を務めるフィリッポ・インザーギ監督が口論を起こした模様だ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 19日にアッレグリ監督が下部組織の選手やコーチ陣に挨拶をしに行った際、インザーギ監督と口論になった模様。アドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、「両者と話をして、たいしたことではないと言っていた。この話はなかったようなものだ」とコメントし、口論があったことを認めている。

 ミランは今シーズン、セリエAで1勝2敗の10位に低迷。チャンピオンズリーグのグループリーグ初戦でも、格下と見られたアンデルレヒトとホームでスコアレスドローに終わった。シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長は、今シーズンの結果に納得しておらず、アンデルレヒト戦後にアッレグリ監督の解任に踏み切ろうとしたところを、ガッリアーニ副会長が説得し、思いとどまらせていたことが報じられるなど、不協和音が続いている。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA