FOLLOW US

伊紙、貴重な同点弾の長友に及第点「立て続けに攻撃されたが、最後はチームを救った」

貴重な同点弾の長友に伊紙は及第点

 ヨーロッパリーグのグループリーグ第1節が20日に行われ、グループHのインテルはルビン・カザンと対戦し、2-2で引き分けた。インテルの日本代表DF長友佑都は先発フル出場し、1-2でリードされて迎えた後半ロスタイムに、貴重な同点弾をマークした。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が試合の採点を発表し、長友に及第点となる「6」を与えた。(10点満点)

 同紙は、「長友のサイドからあまりにも多くのことが起きた。立て続けに攻撃され、その度に立て直したからだ。それは、コウチーニョが長友を助けなかったからだ。最後は、ボレーを叩き込み、チームを救っている」と寸評を伝えている。

 

[写真]=Getty Images

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO