FOLLOW US

W杯予選初戦に臨むプランデッリ監督「CFのポポフを警戒している」

プランデッリ監督が対戦国ブルガリアへの警戒感を表した

 ブラジル・ワールドカップ出場を懸けた欧州予選グループBの初戦、7日にアウェーで戦うブルガリア戦を前に、イタリア代表を率いるチェーザレ・プランデッリ監督が意気込みを語っている。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

 ブルガリアの印象を、「ブルガリアはチームを再構築している途中だが、興味深いチームになっている。4-3-3のフォーメーションで、うまくボールを散らしてくる。我々を打ち倒すべき相手と見なして、熱い歓迎を受けるだろう。簡単な試合ではないが準備は十分にできている。最も警戒している選手? センターフォワードのイヴェリン・ポポフだね」と語ったプランデッリ監督。

 2トップでの起用が予定されているパブロ・オスバルドとセバスティアン・ジョヴィンコについては、「2人ともコンディションが素晴らしい。他の選手たちよりもさらにね。ただ、調子は全員がいいよ」と話し、チーム状態の良さをアピールした。

 また、ユヴェントス所属の選手たちを多く招集していることへは、「アントニオ・コンテ監督は本当にいい仕事をしている。だが、彼が監督を始める前からユーヴェの選手たちは招集していた。私の意思で選んでいるんだ」と語っている。

[写真]=兼子愼一郎

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA