FOLLOW US

長友がインテルでリーグ戦50試合目の出場…ローマに敗れて今季セリエA初黒星

インテルでのリーグ戦50試合出場を達成した長友(左)

 セリエA第2節が2日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、ローマと対戦。インテルでのリーグ戦50試合目となった長友は、左サイドバックで先発出場した。

 ホームで戦うインテルだが、先制点はローマに奪われてしまう。16分に左サイドのフランチェスコ・トッティが上げたクロスにアレッサンドロ・フロレンツィがヘディングで合わせ、インテルゴールを揺らした。

 先制されたインテルは、反撃に出ると前半ロスタイムに同点に追いつく。ウェスレイ・スナイデルからのパスを受けたアントニオ・カッサーノが、ペナルティエリア内で右足を振り抜くと、ボールは相手に当たりながらもゴールに吸い込まれた。

 試合を振り出しに戻したインテルは、後半に入っても攻勢を続けた。しかし、67分にトッティにスルーパスを通されると、パブロ・オスバルドにループシュートを沈められ、再びリードを奪われてしまう。

 再び追いつきたかったインテルだが、81分にもローマに追加点を奪われ、結局1-3で敗戦。開幕2試合目で今シーズンのリーグ戦初黒星を喫した。なお、長友はフル出場している。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO