2012.08.21

ミランとインテルで大型トレードか、カッサーノとパッツィーニの移籍が合意間近に

カッサーノ(写真)とパッツィーニのトレードが合意間近に

 ミランのイタリア代表FWアントニオ・カッサーノと、インテルの同代表FWジャンパオロ・パッツィーニのトレードが決定的になったとイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 20日にミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長とインテルのマッシモ・モラッティ会長が会談を行い、合意に近づいた模様だ。

 両クラブはそれぞれ、選手の放出を認めている。ミランは、19日のユヴェントスとの親善試合後にガッリアーニ副会長が、「移籍交渉は進行中で、アントニオは移籍を希望している」と話している。インテルのマルコ・ブランカTD(テクニカル・ディレクター)も20日に同紙の記者に対し、「パッツィーニはずっと前から移籍マーケットに出ている」と語っている。

 金銭面が問題になると見られていたが、ミランが700万ユーロ(約7億円)をインテルに支払う方向で話が進んでいると報じられている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る