2012.08.14

バロテッリからの迷惑電話に、元恋人「ストーカー行為はやめて欲しい」

 以前から度々取り上げられてきた、マンチェスター・Cに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリと元恋人ラッファエッラ・フィーコさんの妊娠騒動。今度はバロテッリからの迷惑電話に悩まされていると、フィーコさんは訴えているようだ。14日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 同紙によるとフィーコさんは「マリオにはそっとしておいて欲しいの。深夜に30回以上は電話してきたはずよ。初めは私の具合を聞くために電話してきたと思ったけど、ただ電話の向こうで叫ぶだけなの。きっと、精神的にストレスを感じさせようとしているのね。彼は私をストーキングしたいのよ。私のお腹の中にいる私たちの子どものためにも、敬意を払ってほしいわ。私はゆっくりと妊娠期間を過ごしたいだけなのよ」と迷惑電話にうんざりしている。

 また、バロテッリが妊娠中の子どものDNA鑑定を求めていることに関して激怒しており、「DNA鑑定を求めるなんて侮辱だわ。暴力と同じよ。彼の子どもであることは、マリオもよく分かっているはず。だから彼には本当にガッカリさせられたし、決してヨリを戻すことはないでしょうね。会うのは子どものためだけよ」とコメントしている。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る