FOLLOW US

元イタリア代表DFラノッキアが現役引退を発表…インテルなどで活躍

現役引退を発表したラノッキア [写真]=Getty Images

 元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアが現役引退を発表した。

 ラノッキアは1988年生まれの34歳。ペルージャやアレッツォの下部組織出身で、2008年にジェノアに移籍すると、バーリへのレンタル移籍を経て、2011年1月にインテルに加入した。サンプドリアやハルにレンタル移籍した期間もあったものの、10年以上の在籍でインテルでは公式戦226試合の出場で14ゴール5アシストを記録した。また、2010年11月にデビューを果たしたイタリア代表では通算21試合に出場した。

 今夏に契約満了を迎えたラノッキアはインテルを離れ、フリーでクラブ史上初のセリエA昇格を果たしたモンツァに加入した。しかし、デビューから2試合目となった8月21日のセリエA第2節のナポリ戦で負傷。検査の結果、腓骨の複雑骨折および右足首のねん挫と診断され、離脱していた。

 モンツァとは2024年6月30日までとなる2年契約を結んでいたラノッキアだが、21日に同クラブから双方合意のもとで契約解消したことが発表されると、同選手自身も翌22日に公式インスタグラムを更新。「自分の中で何かがオフになった」などと語り、現役を引退することを表明した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO