FOLLOW US

原口&室屋が揃ってフル出場も…ハノーファー、年内最後のリーグ戦はドロー

開幕13戦連続の先発出場を果たした原口元気 [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ2部第13節が18日に行われ、レーゲンスブルクと、MF原口元気とDF室屋成が所属するハノーファーが対戦した。原口は開幕13試合連続の、室屋は2試合連続の先発出場を果たした。

 前節のボーフム戦に勝利した11位のハノーファーと12位のレーゲンスブルクの一戦。ハノーファーと首位ホルシュタイン・キールとの勝ち点差は9ポイントとなっている。年内最後のリーグ戦を勝利で終えたいところだ。試合はレーゲンスブルクのホームで、濃い霧が立ち込めるなか行われた。

 レーゲンスブルクは47分、ヤン・ジョージがペナルティエリア手前から狙ったが、ハノーファーGKミヒャエル・ラタイチャクが辛うじてセーブした。ハノーファーは55分、自陣ペナルティアリア内でシュートブロックに入った室屋がヤン・ジョージと激しく接触するが、これはノーファウルとなった。

 ハノーファーは66分に決定機を迎える。右サイドからマーヴィン・ドゥクシュがクロスをあげると、マルセル・フランケがヘディングで合わせる。しかし、、ボールはGKの正面を突き、先制点とはならなかった。

 試合はこのまま終了。原口と室屋がフル出場を果たしたハノーファーだったが、1点が遠く、年内最後のリーグ戦をスコアレスドローで終えた。ハノーファーは暫定順位を9位に、レーゲンスブルクは10位に上げている。

 次節、レーゲンスブルクは1月3日にアウェイでハンブルガーSVと、ハノーファーは同日にホームでザントハウゼンと対戦する。

【スコア】
レーゲンスブルク 0-0 ハノーファー

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO