FOLLOW US

ブンデスで最下位に低迷…ノイアーが古巣シャルケの現状を憂慮「今のような状態は悲しい」

バイエルンのノイアーが、古巣シャルケの窮状について言及 [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは、古巣であるシャルケの現状を憂いているようだ。3日に、ドイツ紙『ビルト』が報じている。

 現在34歳のノイアーは、シャルケのユース出身。2011年6月にバイエルンへと移籍するまで、同クラブでプレーを続けた。

 そのシャルケが、現在ブンデスリーガで窮地に立たされている。9試合を終えて3分6敗の未勝利。わずか勝ち点3しか手にすることができておらず、最下位に甘んじているのだ。一方、ノイアーが所属するバイエルンは今シーズンも絶好調。7勝1分1敗で勝ち点22を獲得し、首位をキープしている。ノイアーは、古巣の現状について憂慮していることを明かした。

シャルケは僕が育ったクラブだからね。あそこでは20年間もプレーしたから、今のような状態を見るのは悲しいことだ。物事が再び改善されていくことを願っているよ」

 果たしてシャルケは、ノイアーの願いどおりV字回復をすることができるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA