FOLLOW US

バイエルンGKノイアーの行為が物議を醸す…バカンス先で極右の曲を熱唱

ドイツ代表とバイエルンの守護神ノイアー [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの行為が物議を醸している。13日、イギリスメディア『BBC』が報じた。

 ノイアーは現在、GKコーチのトニ・トパロヴィッチ氏とともに、クロアチアで休暇を楽しんでいる。そんななか、ノイアーは同国のビーチで複数の男性のグループに交わり、『Lijepa si li』という曲を熱唱。その様子を動画で撮影された。

『Lijepa si li』は、1998年にクロアチア出身の国家主義者であるフォーク歌手のマルコ・ペルコヴィッチ氏によって書かれた曲だ。バンド『トンプソン』としても知られる同氏は、欧州の数カ国でライブ活動を禁止されており、ファシズム的思想としてドイツ国内でも物議を醸した。『Lijepa si li』の歌詞は、1990年代のボスニア紛争時代において存在したヘルツェグ・ボスナ・クロアチア人共和国に言及したもので、クロアチアのサッカーでは非公式なアンセムの一つとして浸透しているという。

 ノイアーが歌詞の内容を正しく理解していたかは不明で、同選手の個人マネージャーはドイツ紙『ビルト』に対し、「彼はクロアチア語を話さない」などと語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA