FOLLOW US

今夏ドルトムント退団が濃厚のゲッツェ…ルンメニゲ氏が移籍先を予想

今夏のドルトムント退団が噂されるゲッツェ [写真]=Getty Images

 バイエルンの現最高経営責任者(CEO)のカール・ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長が、ドルトムントに所属する元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの今夏の移籍先を予想した。29日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 現在27歳のゲッツェは今シーズン限りでドルトムントとの契約が満了となることから、今夏の退団が予想されている。ルンメニゲ氏はドイツメディア『Sportbuzzer』のコラムで、かつてバイエルンでもプレーしていたゲッツェの今夏の移籍先について次のように予想した。

「(移籍先は)エヴァートンやウェストハムだったり、イタリアの中位にいるクラブとかではないかな。ブンデスリーガだとボルシアMGやレヴァークーゼンあたりが合うと思う。彼がプレッシャーを払いのけて自分の道を見つけられることを望んでいる」

「私が彼のことで一番覚えていることは2014年のワールドカップ決勝で決勝ゴールを決めたことだ。彼の笑顔を見て私もいつも笑顔になる。それと同時に私は少し悲しくなる。あの時から何が起きたんだろうと思う。あらゆることができたサッカー選手に何が起きたんだ?このような問いの答えを私は見つけることができない。おそらくマリオ・ゲッツェだけがその答えを見つけることができるだろう」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA