FOLLOW US

長谷部&鎌田はフル出場も…フランクフルト、ホームでウニオンに敗れて2連敗

ウニオン戦にフル出場を果たしたフランクフルトの長谷部(左)と鎌田(右) [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第23節が24日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトとウニオン・ベルリンが対戦した。長谷部はアンカーの一角で、鎌田はトップ下でともに先発・フル出場を果たした。

 フランクフルトは34分、長谷部の中盤でのロストから危機を迎えたが、カバーに入ったダビド・アブラームが相手のシュートをブロックして事なきを得た。前半アディショナルタイム1分には、鎌田のパスを受けたエヴァン・ヌディカが、左サイドからクロスを供給。相手DFがクリアを試みると、ボールは相手GKの頭上を越えたが、ボールはゴールのわずかに右横に外れてオウンゴールとはならなかった。

 前半をスコアレスで折り返すと、49分にフランクフルトは連携ミスから先制を許す。ウニオンが左サイドからボックス内への侵入を試みると、ボールはアブラームとエリック・ドゥルム、飛び出してきたGKケヴィン・トラップの中間地点に転がる。3選手が“お見合い”をした隙にボールを回収したクリストファー・レンツが折り返し、最後はセバスティアン・アンデションが無人のゴールに流し込んだ。

 1点を追う展開になったフランクフルトは62分、左からのCKにゴンサロ・パシエンシアが合わせたが、ヘディング弾は惜しくもゴールの左上に外れた。

 すると67分、ウニオンが相手のオウンゴールでリードを広げる。グラウンダークロスをGKトラップが弾くと、ボールはヌディカに当たってゴールに吸い込まれた。

 フランクフルトは79分に1点を返す。ゴール前でこぼれ球に反応したアンドレ・シルバがヒールで折り返すと、ボールはブロックに入ったフロリアン・ヒュープナーの足に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

 フランクフルトの反撃は及ばず、試合はこのまま終了。ホームで敗れたフランクフルトはリーグ戦2連敗となり、ウニオンは2試合ぶりの勝利となった。次節、フランクフルトはFW大迫勇也が所属するブレーメンとアウェイで、ウニオンはヴォルフスブルクとホームで対戦する。

【スコア】
フランクフルト 1-2 ウニオン・ベルリン

【得点者】
0-1 49分 セバスティアン・アンデション(ウニオン・ベルリン)
0-2 67分 オウンゴール(ウニオン・ベルリン)
1-2 79分 オウンゴール(フランクフルト)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA