FOLLOW US

フランクフルトが首位のライプツィヒに完封勝利! 鎌田&長谷部はベンチ入りも出場せず

貴重な先制点を奪ったトゥレ [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第19節が25日に行われ、リーグ首位を走るライプツィヒとフランクフルトが対戦した。フランクフルトの日本代表MF鎌田大地、MF長谷部誠は共にベンチスタートとなった。

 前半からライプツィヒがFWティモ・ヴェルナーらが多くのチャンスを作って攻め立てるが、粘り強いディフェンスでゴールラインを破らせなかったフランクフルトが耐える展開となる。スコアレスで試合を折り返すと、前半を耐え抜いたフランクフルトが千載一遇のチャンスを掴む。クロスボールに反応したアラミー・トゥレがペナルティアークから思い切りよく右足を振り抜くと、鮮やかなミドルシュートが枠に突き刺さってホームのフランクフルトが先制する。
 
 失点後はライプツィヒが前がかりになって猛攻を仕掛けるものの、安定した守備で試合の流れを掌握したフランクフルトリードを保ったまま後半アディショナルタイムに突入する。すると、後半アディショナルタイム3分に相手のスローインのミスを突いたフランクフルトがフィリップ・コスティッチのゴールで追加点。このゴールで試合終了のホイッスルが鳴り響き、フランクフルトが2-0で勝利を収めた。

 なお、ベンチ入りした鎌田と長谷部に出場機会は訪れなかった。

【スコア】
フランクフルト 2-0 ライプツィヒ

【得点者】
48分 1-0 アラミー・トゥレ(フランクフルト)
90+3分 2-0 フィリップ・コスティッチ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA