2019.12.06

ブレーメン、19歳FWサージェントが年内全休…主将DFモイサンデルは復帰へ

年内全休のサージェント(左)と復帰のモイサンデル(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンは5日、アメリカ代表FWジョシュア・サージェントが右ハムストリングの負傷で、年内の残り全試合を欠場することを発表した。

 現在19歳のサージェントは、代表ウィークの11月20日に行われたキューバ戦にフル出場して2ゴールを挙げたが、この試合で右ハムストリングに痛みを抱えたという。クラブ合流後、12月1日のヴォルフスブルク戦では問題なくプレーできていたが、その後の練習で痛みが再発したという。

 フローリアン・コーフェルト監督は、「今はケガを完治させるために、ジョシュに時間を与える。1月にはトレーニングに復帰してくれるだろう」とサージェントの年内全休を明言。14日のバイエルン戦を含むブンデスリーガ4試合の欠場が決まった。

 その一方で、主将のフィンランド代表DFニクラス・モイサンデルがチーム練習に復帰。9月1日のブンデスリーガ第3節アウクスブルク戦にフル出場して以降、負傷離脱を強いられていたが、今月8日に行われる第14節のパーダーボルン戦で復帰する可能性があるようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング