2019.09.30

脳震盪を起こした長谷部、1週間の離脱へ…ELとブレーメン戦の欠場が濃厚

ウニオン・ベルリン戦で交錯した長谷部とトラップ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フランクフルトは29日、元日本代表MF長谷部誠とドイツ代表GKケヴィン・トラップの診断結果をクラブ公式サイトで発表した。

 両選手は27日に行われたブンデスリーガ第6節ウニオン・ベルリン戦の試合終了間際、ロングボールを処理する際に交錯。一時的に失神した長谷部はピッチに倒れ込んだ。

 クラブの発表によると、長谷部は脳震盪を起こしたため1週間の安静が必要とのこと。肩を負傷したトラップは、30日のチーム練習を欠席するとのことだ。

 またクラブは、10月2日に行われるヨーロッパリーグ第2節ヴィトーリア・ギマランイス戦と6日に行われるブンデスリーガ第7節ブレーメン戦の2試合において、長谷部の欠場は濃厚だとも発表している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング