2019.05.12

バイエルンが本拠地で初の優勝決定か…最終節まで優勝争いは9年ぶり

バイエルンが最後にホームで優勝を決めたのは19年前 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンは11日にアウェイで行われたブンデスリーガ第33節でライプツィヒと0-0で引き分けた。2位のドルトムントが勝利したため、勝ち点差は「2」となり、優勝は18日にホームで行われる最終節のフランクフルト戦に持ち越しとなった。

 それでも、本拠地のアリアンツ・アレーナで初めてファンと優勝の瞬間を分かち合うチャンスとなった。バイエルンが最後にホームで優勝を決めたのは1999-00シーズンで、実に19年前になる。当時は最終節に首位のレヴァークーゼンが敗れ、2位のバイエルンがホームでブレーメンに3-1で勝利して、得失点差により劇的な逆転優勝を果たしていた。

 その後、バイエルンは12回の優勝を飾っているが、すべてアウェイで決まっており、2005年に開場したアリアンツ・アレーナでは一度もファンの前で優勝を決めることができていない。2014-15シーズンは第30節にホームでヘルタ・ベルリンに勝利したが、翌日に2位のヴォルフスブルクが敗れたことで優勝が決まっていた。

 また、ブンデスリーガの優勝争いが最終節までもつれ込んだのは、2009-10シーズン以来で9年ぶり。その時も首位のバイエルンが2位のシャルケと勝ち点差「3」で最終節のヘルタ・ベルリン戦に臨み、3-1で勝利して2シーズンぶりのドイツ王者に輝いていた。逆にリーグ最速優勝は、バイエルンが2013-14シーズンに第27節で達成。史上初となる3月中に、24回目のリーグ制覇を決めていた。

 なお、その後の2シーズンはドルトムントが連覇を飾ったが、どちらのシーズンも第32節にホームで優勝を決めた。2011-12シーズンに8度目のリーグ制覇を果たした試合は、ボルシアMGに2-0で勝利。香川真司が2点目を決めて優勝決定に貢献していた。

バイエルンの2000年以降の優勝決定試合
99-00 第34節 vsブレーメン(H) 3-1◯
00-01 第34節 vsハンブルガーSV(A) 1-1△
02-03 第30節 vsヴォルフスブルク(A) 2-0◯
04-05 第31節 vsカイザースラウテルン(A) 4-0◯
05-06 第33節 vsカイザースラウテルン(A) 1-1△
07-08 第31節 vsヴォルフスブルク(A) 0-0△
09-10 第34節 vsヘルタ・ベルリン(A) 3-1◯
12-13 第28節 vsフランクフルト(A) 1-0◯
13-14 第27節 vsヘルタ・ベルリン(A) 3-1◯
14-15 第30節 vsヘルタ・ベルリン(H) 1-0◯ ※翌日に2位が負けて優勝決定
15-16 第33節 vsインゴルシュタット(A) 2-1◯
16-17 第31節 vsヴォルフスブルク(A) 6-0◯
17-18 第29節 vsアウクスブルク(A) 4-1◯

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る