2019.05.08

バイエルン、ロペテギ氏招へい? 実現した場合にはハメスの買い取りも

フレン・ロペテギ
レアル・マドリード時代のロペテギ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンが元レアル・マドリード監督のフレン・ロペテギ氏に接触しているようだ。スペイン紙『マルカ』が7日に伝えている。

 ニコ・コヴァチ監督との契約を2021年まで残しているバイエルンだが、コヴァチ氏への信頼は揺らいでおり今夏の監督交代を画策している模様。同メディアによると現在フリーとなっているロペテギ氏の招へいを考慮しつつ、同氏に接触しているようだ。

 またロペテギ氏がその能力を高く評価していることから、現政権下では微妙な立場となっているレアル・マドリードからレンタル加入中のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの買い取りが行われる可能性もあると伝えられている。

 レアル・マドリードを短期間で去ることになってしまったロペテギ氏だが、今度はドイツ王者で指揮を執ることになるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る