2019.04.24

ヴォルフスブルクが来季からの新監督を発表…オーストリアからグラスナー氏を招へい

グラスナー氏
来季からの新監督に就任するグラスナー氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヴォルフスブルクは23日、オリヴァー・グラスナー氏が来シーズンからの新監督に就任することを発表した。3年間の契約を結んでいる。

 現在ヴォルフスブルクを率いているブルーノ・ラバディア監督は、今シーズン末での退任が決まっており、同クラブはLASKリンツ(オーストリア)からグラスナー氏を招へいした。

 グラスナー氏は2部にいたリンツを率い昇格させると、リンツは今シーズン26試合を終えて首位ザルツブルクに次いで2位につけている。

 同クラブのマネージャーを務めるヨルグ・シュマッケ氏はグラスナー氏について「素晴らしい知識と真のチームワークを構築できる人物」と評価している。

 またグラスナー氏は就任に際し次のように意気込みを語っている。

「クラブと話し合ってすぐ、何を望んでいるかについて私と彼らが同じ考えをもっていると感じたんだ。今後ヴォルフスブルクの魅力的なサッカーをまた見せられるとおもうよ」

 
 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る