FOLLOW US

ライプツィヒが初の独杯決勝進出…酒井出番なしのHSVは32年ぶりの舞台届かず

ライプツィヒがHSVを倒して初の決勝進出 [写真]=Bongarts/Getty Images

 DFBポカール準決勝が23日に行われ、DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSV(HSV)はホームでライプツィヒに1-3で敗れた。酒井はベンチスタートで出番なし。伊藤はベンチ外だった。

 試合は12分、左CKからユスフ・ポウルセンが頭で合わせて、ライプツィヒが先制に成功した。しかしHSVも24分、ベーカリー・ジャッタが左サイドの高い位置でボールを奪うと、思い切りよく右足を振り抜く。シュートは相手GKに触られたものの、ゴール右隅に吸い込まれて同点に追いついた。

 後半に入ってライプツィヒは53分、ケヴィン・カンプルがエリア内へ浮球パスを送り、エリア右のポウルセンが中央へ折り返す。すると相手MFヴァシリェ・ヤニチッチのオウンゴールを誘って追加点。72分にはエミル・フォルスベリがエリア手前から強烈な右足シュートをゴール左隅に突き刺して試合を決めた。

 ライプツィヒはクラブ史上初の決勝進出。HSVは32年ぶりとなる決勝の舞台には一歩届かなかった。

【スコア】
ハンブルガーSV 1-3 ライプツィヒ

【得点者】
0-1 12分 ユスフ・ポウルセンライプツィヒ
1-1 24分 ベーカリー・ジャッタ(HSV)
1-2 53分 オウンゴール(ヴァシリェ・ヤニチッチ)(ライプツィヒ
1-3 72分 エミル・フォルスベリライプツィヒ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA