2019.04.04

バイエルンが2部に苦戦も10年連続ベスト4…酒井&伊藤のHSVは10年ぶり4強/独杯準々決勝

DFBポカールのベスト4が決まった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 DFBポカール準々決勝が2〜3日にかけて各地で行われた。

 DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSVはアウェイでパーダーボルンと対戦。FWピエール・ミシェル・ラソッガが54分と68分にゴールを決めて2-0の完封勝利を収め、10年ぶりの準決勝進出を果たした。

 ライプツィヒは敵地でアウクスブルクと対戦した。74分にFWティモ・ヴェルナーの得点で先制したが、終了間際の後半アディショナルタイム4分にFWアルフレズ・フィンボガソンの同点弾を浴びて延長戦に突入。すると、後半アディショナルタイム1分に相手のハンドで得たPKをDFマルツェル・ハルステンベルクが決め、劇的勝利で初の準決勝に駒を進めた。

 バイエルンはホームで2部のハイデンハイムと対戦。12分にMFレオン・ゴレツカが先制点を挙げたが、15分にニクラス・ズーレが一発退場で数的不利になる。すると前半の内に2失点を喫し、逆転を許して折り返す。それでも53分にトーマス・ミュラー、55分にロベルト・レヴァンドフスキ、65分にセルジュ・ニャブリが得点を挙げて勝ち越し。しかし終盤に入って再び2失点で同点に追いつかれたが、84分にレヴァンドフスキがPKで決勝点を挙げ、苦戦しながらも10年連続でベスト4進出を決めた。

 FW大迫勇也が所属するブレーメンは、65分にミロト・ラシカ、72分にデイヴィ・クラーセンが得点を決め、敵地でシャルケに快勝を収め、3年ぶりに4強入りを果たした。

■DFBポカール準々決勝の結果

▼4月2日
パーダーボルン 0-2 ハンブルガーSV
アウクスブルク 1-2 ライプツィヒ

▼4月3日
バイエルン 5-4 ハイデンハイム
シャルケ 0-2 ブレーメン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
86pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
89pt
ナポリ
76pt
インテル
66pt
欧州順位をもっと見る